2010年04月20日

「プロ根性あった」「別れたくない」=村本さんの通夜−東京(時事通信)

 「プロ根性があった」「別れを言いたくない」。タイ・バンコクでデモ隊と治安部隊との衝突を取材中、銃撃を受け死亡したロイター通信日本支局のカメラマン村本博之さん(43)の通夜が17日、東京都港区で営まれ、同僚や友人らが非業の死を悼んだ。
 白いランと菊で埋まった祭壇には、勤務先で穏やかな表情を浮かべる村本さんの遺影。ロイター通信によると、上司のオリビエ・ファーブルさん(42)が昨秋、仕事の合間に何気なく携帯電話で撮影し、遺族が選んだ。友人らが持ち寄った100枚近いスナップ写真も、スライドで次々と映し出された。
 一緒に仕事をしていた男性記者(38)は「彼が撮影した最後の映像を見たが、政府側、デモ隊側両方から取材していた。真実を伝えようという本当にプロ根性のあるジャーナリストだった」と振り返った。 

<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
posted by ツボイ ケンイチ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。